メニュー ホーム

自分の歯と同じ感覚!インプラント治療とは

違和感なしのインプラント

抜歯した場合には入れ歯を入れることが簡単な治療方法です。入れ歯を使用したことがない方は自分の歯の代わりに違和感なく使えるイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。実際は義手や義足と同じように体に無い部分を装着する器具であるため、違和感は必ずあります。インプラント治療であれば、入れ歯のように他の歯に金具で固定したりあごに固定するのではなく、骨に固定するため自分の歯と変わらない感覚で使用することができます。

他の歯に影響を与えない

入れ歯は隣接する歯に金具で固定しますが、噛む動作に耐えるためにある程度の力が隣接する歯に加わることになります。毎日取り外す器具ですので、その度に現存する歯に力が加わります。本来噛む方向にしか力を加えないはずの歯に抜く方向の力を継続的にかけることは、歯にとってあまり良くありません。インプラントであれば骨に固定し現存する歯に力が加わることがないため、周りの歯の寿命を縮めることなく治療することができます。

インプラントであることが気づかれない

入れ歯の場合、固定に使用する金具が口を開けたときに見えてしまいます。見えることを気にして笑う時に口を開けるのをためらうのは心苦しいものでしょう。インプラントであれば周りから気づかれることは絶対にありません。笑う時も話す時も気にすることなく、自分自身インプラントであることを忘れて普段の生活を送ることができます。入れ歯に比べて費用はかかりますが、特別なメンテナンスが不要で使い続けられるメリットがインプラントの特徴です。

三鷹のインプラントはとても評判が良い特徴があり、三鷹では有名です。違和感の無いインプラントですので自然です。

カテゴリー:未分類

admin