メニュー ホーム

健康被害がおきやすい「歯並び」に注意しよう!

歯並びが悪いとなぜ風邪を引きやすい?

人は口と鼻の両方で呼吸をしていますが、どちらで多く呼吸をしているかは個人差があります。風邪を引く要因は様々ですが、呼吸も関係があります。風邪を引きにくいのは「鼻呼吸」で、引きやすいのは「口呼吸」をです。なぜなら、「鼻呼吸」ならウィルスや菌が体内に入ってくるのを鼻毛が防いでくれるからです。また、口をひんぱんに開いている状態では口内や喉が乾燥してしまうため、それも風邪を引きやすい原因になってしまいます。

歯並びが悪いとなぜ歯周病になりやすい?

これもひとつに口内の乾燥しやすさが関係しています。前歯の歯並びなどで口が閉じづらいと、どうしても乾燥しやすくなってしまいます。すると、口内で雑菌を抑える効果のある唾液が、なかなか分泌量を増やすことができなくなくなります。そうした状態が歯周病に繋がってしまうのです。また、ブラッシング後のみがき残しやプラークは歯周病の大きな原因ですが、歯並びが悪く歯と歯が重なった部分などはブラッシングを十分に行うのが難しいので、どうしてもリスくが高くなってしまいます。

気になる方はマウスピースなどの矯正もオススメ

上記の症状は口の閉じづらい「上顎前突(でっぱ)」・「骨格性上顎前突(でっぱ)」・「下顎前突(受け口)」・「骨格性下顎前突(受け口)」で起こりやすいといわれています。もちろん全員が風邪を引きやすい、ということはないので日常生活に不便がなければ問題ありません。もし不便があれば、歯医者での矯正が解決の手段です。近年では透明な装置で目立たないように矯正できたり、マウスピースの装着による治療も行われています。

歯並びで悩んでいる人は、三鷹の矯正歯科などで、歯に矯正器具を取り付けてもらうことによって綺麗な歯並びになrます。

カテゴリー:未分類

admin