メニュー ホーム

内科ってどんな診察を行うの?内科診療のすすめ

意外に知られていない内科診療

骨が折れると外科に行きます。歯が痛いと歯科に行きます。このように症状が明確な場合、どういった病院を受診すれば良いのかすぐにわかります。しかし内科については、どのような場合に受診すれば良いのか判然としないという人も多くいるようです。内臓疾患がある場合に受診するのが内科、体のより内部に疾患が出た場合に内科といったように思っている人もいます。確かにそのように内科を受診しても問題は無いのですが、内科には他の科目に見られない活用方法があります。

内科は病院で精密な診療を受ける際の入口

体が痛い、しかしそれが何による症状なのかわからないといった場合、何科を受診したら良いのかもわかりません。そのような場合は、とりあえず内科を受診すれば良いのです。内科の中にも多くの種別がありますが、一般的に「総合内科」と呼ばれる内科診療は専門的な診療へ導くための入口として位置づけられるものです。決して病気の種別が適合していないと追い出されるようなことは無いので、何の症状かわからない場合はとりあえず内科を受診してみると良いでしょう。

内科と言っても様々な部門がある

実際、内科は外科や歯科などより専門に即した多くの部門があります。それが内科に対する認識を複雑にしている要因でもありますが、とにかく内科と言ってもどの内科を受診すれば良いのか分からなくなってしまいます。そうした場合も、まず総合内科で粗方の病状を洗い出してもらい、そこから紹介状などを書いてもらってより専門的な内科を受診するようにすれば無駄が少なくて済みます。総合内科は、上手く活用すればセカンドオピニオンとして確実な療養方法を選定することに繋げることもできます。

三鷹の内科は患者に対して丁寧に診察を行い、症状についても分かりやすく説明してくれるので安心して来院が出来ます。

カテゴリー:未分類

admin